2017年8月12日土曜日

てきとう


「エリヤ君おまたせ~☆」


「なんだその格好!隣に立つな!」
「えっ何!?俺何か変?!!」
「最低だ!バスの座席みたいなパンツ穿きやがって!」


「一緒に歩きたくない」
「ひどい・・・そりゃエリヤ君に比べたらダサいだろうけど」
「ダサいなんてワードじゃシロップかけすぎにも程があるぜ。クソだ。頼むから着替えてくれ」
「今"お願い"って言った?いや、今すぐにはムリだよ・・・」


「あっ、じゃあせっかくだし、ここでお洋服買おうかな!」


「これなんかどう?」


「男がピンク?冗談だろ。吐き気がする」
「え~可愛いと思ったんだけどな」


(でもエリヤ君のたまごっち・・・)


「エリヤ君はどこでお洋服買ってるの?俺もそういうカワイイお洋服が欲しいなぁ」
「あんたが着ても可愛くねーよ」
「そんな意地悪言わないでさ、お店どこなの?この辺?」
「まあ、近いけど」



「うわぁ~かわいい~!何ここ?サンリオショップ?」
「んなわけねーだろバカが。サンリオならプリンのグッズがあるはずだろマヌケが」


「えーでもこれプリンちゃんのストラップじゃない?」


「なーんちゃって嘘だよ~!」

パッシィ


「そんなに悪くねーじゃん。さっきよりは何百倍もマシ」



「うっへへ。ありがとう☆」
「さっきのはゲロを食った犬のゲロだ」


「ゲロと言えば、これ買ったら晩ご飯食べ行こうよ」
「いいけどさっきの服は燃やせよ」
「えっ、うん・・・わかったよ・・・」


「エリヤ君は何にする?」
「うるせえテトリスやってんだよ」
「もーじゃあチーズバーガーでいいね?」


「ラッグのウザさはヤバいんだ」



「世界一ウザい奴を想像してくれ。そいつよりウザい」


「エリヤ君、ラッグ君そこにいるよ」
「分かってる!!!」
「なんだエリヤ。また俺の悪口を友達に喋ってたのか」
「うるせーなお前の話なんかしてねーよ!!!!何しに来た!」


「迎えに来たんだ。門限はとっくに過ぎてるぞ」
「門限なんて知るか!お前が勝手に決めたんだろ!」


「なんて無責任なんだ。そんなんじゃろくな大人にならないぞ。1週間外出禁止だ」
(怒られてる怒られてる~)


「だって・・・」


「トロイが」


「エリヤの門限は7時なんだ。協力してくれ」
(あ、俺のせいになってる)
「帰るぞエリヤ。こんなとこで食べるな。トロイも来い」
「やったーラッグ君のごはん~」


おわり

0 件のコメント:

コメントを投稿